患者と女性

認知症を知る

困ったシニア男性

福祉車両の購入をお考えの方はこちらまで。様々なタイプの車両があるので、ご用途にピッタリな一台が見つかりますよ。

まず認知症と聞くと記憶障害の病気だというイメージが多くの人に定着されているのですがこれは間違ったことで、認知症というのは病気ではなく脳が変性することによって記憶障害と知能障害といった生活に支障をきたしてしまう症状の総称になります。認知症に多いのはよく耳にすることのあるアルツハイマー型と脳血管障害ですが、この2つの症状が一緒になってしまっているパターンもあります。また認知症は高齢社会になってしまっている日本では65歳以上の7人に1人に認知症になる前の段階と言われている軽度認識障害の人を加えてみると4人に1人が認知症になってしまっているという調査結果が出ています。また認知症は思い出そうとしても思い出せないという物忘れとは異なり、体験したことそのものを忘れたことやその自覚がないという特徴があり、自分では気づきにくい症状です。認知症は症状が重くなると沢山のこと、現に家族のことを忘れてしまっている人もいるので早期発見と治療が必要です。認知症にならないようにするためには日頃から適度な運動すること、音楽や芸術などで感情を安定させることだけでなく規則正しく休養と睡眠、そして禁煙など生活習慣の改善を行なうことも大変効果的です。認知症はまだ完全に治すための治療方法がないのですが薬物療法やリハビリ、最近ではアロマテラピーを取り入れることで認知症の進行をおくらせることが出来ます。症状にあった方法で認知症の進行を遅らせるようにすることです。

安心できる老人ホームを池田でお探しならこちらの利用が便利です。オペレーターが無料でサポートしてくれますよ。

認知症の治療について

若い医師

症状が悪化する前の早期発見と治療が必要になる認知症ですが、実は完全に治せる方法はまだなく進行を遅らせるための方法しかありません。その方法の特徴などについて見ていきます。

Read more

認知症の特徴

笑顔のシニア女性

認知症にはただの物忘れとは違う忘れ方をするという大きな特徴があり、自覚するだけでなく誰かに指摘をされた場合にははやめに病院へ行き診察を行なう必要があります。認知症は65歳以上の人に多く見られる症状です。

Read more

認知症について

ほほえむ老夫婦

脳が変性することで記憶障害だけでなく知能障害などで生活に支障をきたすことを認知症といい、これは病名ではなく症状の総称であると言われています。認知症は早期発見による治療が不可欠であると言われています。

Read more

オススメリンク

注目の記事